[ファイル]メニュー

[新規作成]

現在読み込まれているデータをすべて消去して初期状態に戻します。

[開く]

『轍』専用の.wdfファイルを読み込みます。すでに読み込まれているデータはすべて消去され、新しいデータに置き換わります。

[従来の.tourファイルを開く]

従来のバージョンで使われていた.tour形式のデータファイルを読み込みます。すでに読み込まれているデータはすべて消去され、新しいデータに置き換わります。上書き保存すると拡張子は自動的に.wdfに置き換えられます。.tour形式は読み込みのみで、保存することはできません。

[上書き保存]

現在編集中の.wdfファイルを上書き保存します。一度も保存されていない場合は「名前を付けて保存」と同じになります。

[名前を付けて保存]

現在読み込まれているすべてのデータを『轍』専用の.wdfファイルに保存します。トラックのデータは設定によらず間引き前の全データが保存されます。

[インポート]

一般のGPSデータ保存フォーマットからデータを読み込みます。[ファイルの種類]で読み込むデータの種類を選択します。データは常に既存のデータに追加されていきます。ウィンドウ内にファイルをドラッグ&ドロップすることによっても同じことが行えます。

[エクスポート]→[Google Maps HTML]

Google Maps APIを組み込んだHTMLファイルを出力します。拡張子は自動的に.htmlが付けられます。関連する画像はHTMLファイルと同じ名前で末尾に"_files"が付いたフォルダに格納されます。

[エクスポート]→[Google Static Maps]

Google Static Mapsを表示するIMGタグを出力します。ブラウザが自動的に起動して確認用のマップとタグが表示されます。この時点でタグはクリップボードにコピーされていますので、そのままブログなどに貼り付けることができます。

Google Static Mapsの制約により、トラックのポイント数は大幅に間引かれます。またウェイポイントの数が多すぎる場合は警告メッセージが表示されます。

[エクスポート]→[Google Earth KML]

Google Earthで表示できるKMLファイルを出力します。拡張子は自動的に.kmlが付けられます。関連する画像はKMLファイルと同じ名前で末尾に"_files"が付いたフォルダに格納されます。

[エクスポート]→[Google Earth KMZ]

Google Earthで表示できるKMZファイルを出力します。拡張子は自動的に.kmzが付けられます。関連する画像がまとめられて単一のファイルに圧縮されますので、メール添付での配布に便利です。

[エクスポート]→[GPX]

汎用のGPSデータ交換フォーマットであるGPXファイルを出力します。拡張子は自動的に.gpxが付けられます。トラックデータの出力は[トラック]ページにある[間引き保存]の状態に依存します。

[Webにアップロード]

現在読み込まれているデータからレポートを生成し、「轍 ONLINE」にアップロードします。

[マッププレビュー]

「既定のブラウザ」に指定されているブラウザを起動し、現在読み込まれているデータと出力設定にしたがってGoogle Mapsのコンテンツをローカルでプレビューします。[F11]キーを押しても同じことが行えます。

[終了]

アプリケーションを終了します。未保存のデータは失われますので、必要なデータは保存してから終了して下さい。

スポンサーリンク

メニュー